ヘルメットを被っている建築士

どんな仕事なの

手帳と男性

現在は、資格取得ブームとも言えるほど、資格取得のため試験にチャレンジする人が多くなってきています。
年々、資格の種類も様々に増えてきて、従来までには存在しなかった資格なども現れています。
その中で今回注目したいのが不動産系の資格です。資産運用で土地活用を行う人も増えてきているため、不動産系の資格を取得しようとする人も中にはいます。
そのようにして人気が高まってきている不動産系資格の中には、「土地家屋調査士」という資格があります。
この資格の存在を知らないという人は多くいます。しかし、この資格は国家資格の一つとされているものです。
この資格を所有していれば、事務所で勤めたり、自分で独立開業したりと働き方の幅が広がります。
土地家屋調査士は、主に「登記手続き」です。登記とは、「登記簿」と言われる帳簿に不動産の権利について記録することをいいます。
土地家屋調査士は、上記のように登記簿に登記を行うことが主な業務なのです。
しかし、こうして手続きを行う前にも様々な業務を行っています。

「測量」も土地家屋調査士の仕事です。測量とは、専用の道具を使って形や面積などを測ることで、不動産の境界線をはっきりさせる役割などがあります。
このように測量を行うことで、その不動産の大きさを正確に把握することができるのです。
また、土地家屋調査士の業務には図面を書いたり登記申請書を作成したりといったものがあります。
デスクワークだけでなく、外に出て活動することもあるので、不動産関係に興味があり、体をアクティブに動かしたいという人に最適な資格です。

合格までの道

電話で話す男性

土地測量のスペシャリストである土地家屋調査士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。これから目指す人たちのためにも、資格取得までのルートについて紹介します。

Read more »

試験内容について

書類を書く男性

土地家屋調査士の資格は、法律系資格の一種で、試験も国家試験です。そんな土地家屋調査士の試験では、どのような知識が問われるのでしょう。その試験内容について見ていきます。

Read more »

予備校での学習

一戸建てと芝生

土地家屋調査士の試験対策として、専門の予備校で学習するという方法があります。書店などで土地家屋調査士の参考書や一問一答などが販売されているので独学をすることも可能ですが、予備校で勉強することには様々なメリットがあります。

Read more »

写真ギャラリー

オススメリンク